別居状態での浮気調査

一人になりたいと言って出て行った

突然、夫(妻)が出て行った
完全な別居ではないが、週に何度も帰って来ない
実家に住むといって出て行った
会社に寝泊りしているといって帰ってこない

「一人になって考えたい」から別居する?
家庭を持ちながら理解できない言い分です。
まさしく自己中心的な主張ですね。
やむをえない理由を除き別居している場合、弊社の過去の調査からほぼ100%に近い割合で浮気していました。
以下実際にあったケースです。

別居中の方のご相談から、浮気調査後の解決までの実例

別居してから6ヶ月経過のA子さん。
夫46才(会社員) 妻A子さん40才 子供2人

浮気調査前の状況

ご主人は職業柄、月に2度3日から4日間出張があるお仕事をされていました。ご依頼者は元々ご主人に関しては特に関心がなく、出張先や帰宅時間も聞くようなことはされていませんでした。
しかし、半年前に突如「会社に近いところに1人で住む」を言って家を出られました。その事をきっかけに色々思い起こせば、、、、
最近、夜にメール・電話しても音信不通。週末には帰ってきたり来なかったりで、子供の行事にも出なくなりました。 そのため、ご依頼者さまは、夫が高い確率で浮気をしていると思われ、弊社にご相談をいただき、調査することとなりました。

浮気調査結果

ご依頼者がご心配されていた通り、ご主人は女性の住居に半同棲状態。しかもその女性には小さなお子様もいました。仕事帰りには一緒に買い物も。まるでどちらが本当の家族かわからないほどでした。
朝、その女性の住居から出てきたご主人は、ゴミ袋をゴミステーションへ捨てていました。家では1度も手伝ったことがなかったそうです。

【調査期間1週間  調査時間8時間  調査料金168.000円】

浮気調査後の解決

まずはご主人と話合いをされることにしました。
浮気調査の報告書は見せないで、ご依頼者さまのお知り合いが、「夫と女性が買い物をしているところを見た」ということにしました。
最初、夫は女性の存在を認めなかったため、買い物の状況を詳しく話しました。するとしぶしぶ買い物をしていたことは認めましたが、浮気の事実は認めません。
そこで、浮気相手のマンションに入って行ったことも見たと告げました。それに加えて、携帯のメールを見たことも話しました。
すると夫は、浮気の事実をしぶしぶ認めました。
その後キッチリとけじめをつけたいA子さんは、夫と浮気相手の3人で話し合いを行い、今後、交際を断絶することとし、メール・電話、その他の方法で夫と連絡をとることすらも、慰謝料を支払うという誓約書を書いてもらいました。(交際を断絶する旨の誓約書)
付き合いはこれで終わると思ってなく、今後も監視を継続するそうです。

別居中の対処方法

1.住居を特定する
夫婦、父親・母親である以上、家族に所在を明らかにしないことは大きな問題です。  正当な理由のない別居は「悪意の遺棄」にあたります。  家族に何かあった時のためにも別居先を知っておくことは必要です。
2.別居理由を知る
自宅を飛び出し、別な場所で暮らすということは、何か特別な理由があります。  その真の理由を知らないと問題の解決にはなりません。
3.浮気なら証拠を撮る
証拠を撮ったからといって、離婚にすすむ必要はありません。子供の年齢、学校、生活等を考慮すれば今すぐに行動をおこさなくても、将来に証拠を生かすという方法もあります。将来、何かあった時のために証拠を持っておけば、今後が安心です。
4.夫(妻)、浮気相手と話し会いを行う
別居をやめさせるには、まずは話会いが必要です。夫(妻)だけですと、ごまかされてしまうので、3者が会い、貴方が納得できる回答を得ましょう。その時は必ず録音や誓約書等は書かせましょう。
5.慰謝料請求
浮気に対し慰謝料請求する方法として、自分で内容証明を郵送する方、弁護士を通して行う方、調停、裁判に訴える方など色々です。  貴方にあった方法をアドバイスいたします。  ご希望であれば、弁護士、行政書士を無料にてご紹介いたします。
悪意の遺棄とは
夫婦の義務として法律では「夫婦は同居し、お互いに協力、扶助し合わなければならない と定められています。この同居、相互協力、相互扶助の義務に正当な理由無く反すること 悪意の遺棄と言います。

別居中の浮気調査の特徴

別居中の場合、証拠は撮りやすいといえるでしょう。(警戒がない場合)
なぜなら、そばに家族がいないため、自由に行動できるからです。ましてや住居を告げていない場合、配偶者に見つかる危険性がありません。
そのため、住居さえ判明すれば証拠は撮れます。

一方、住居を配偶者に告げている場合の難易度は、対象者によって様々です。
それは別居先に浮気相手を連れてきた場合、何時、配偶者が来るかわかりません。
よって、浮気する場合、深夜に連れて来て、一度部屋に入ったら長時間(金曜日〜日曜日)外に出てこないこともあります。

別居中の浮気調査方法

1.住居が不明な場合
勤務先から調査を開始します。そうすることによって、別居先が判明します。もちろん同時に浮気相手の有無も調査いたします。
2.勤務先・住居が不明な場合
別居状態でもいつかは自宅に帰ってきます。また、連絡が取れる状態の方は、大事な用事を作り、自宅に呼びます。自宅が不可能なら、外で待ち合わせします。その他、調停日などにも調査可能です。そこで、その場所から調査を実施いたします。

> > このページの先頭に戻る

お問い合わせはこちら
地図画像

株式会社 オフィスフルール

【豊平区本社】
〒062-0004
札幌市豊平区美園4条8丁目2番4号
オフィス・フルールビル2階
TEL 0120-295-007
(代) 011-299-8884
E-mail: info@ofleur.com


【札幌駅北口相談室】
〒060-0807
札幌市北区北7条西2丁目
37山京ビル4F 417号室
TEL 0120-295-007
(代) 011-707-2500

北海道公安委員会探偵業届出証明書番号
No.10070007 No.10120029
■ 探偵業務範囲
[北海道] 札幌市・旭川市・帯広市・釧路市・函館市・北見市・網走市・北海道内全域
[札幌市近郊] 北広島市・千歳市・恵庭市・小樽市・石狩市・江別市・岩見沢市・余市町・倶知安町
[海外] タイ(バンコク・パタヤ・アユタヤー・チェンマイ・スコータイ・プーケット)
[その他] 関東・東海・中部・関西・近畿・中国・四国・九州・沖縄・東北・東南アジア