妻の浮気 男の離婚対策

札幌女性探偵社にご相談される方は女性ばかりではありません。ご相談者の30%は男性です。

浮気行動では夫と妻で違いがあります。
通常、妻が家事や育児の役割を担っておられますので、
妻が外出する際、夫や実家に子供を預けるケースが殆どです。

「親権について」詳細ページ

一方、離婚話まで話が及ぶと、子供の親権を夫、妻のどちらにするかという問題があります。その場合、一般的には妻になるケースが殆どです。
しかし、夫のご相談者の多くは、ご自分で面倒を見たいと希望されています。
その場合、今からどの様に対処していればよいでしょうか。
妻の代表的な行動から実際に携わった弊社の例、親権を取る秘訣までをご紹介します。

浮気する妻の代表例

【家庭では】
  料理をしない、コンビニ弁当
  掃除をしない、ゴミだらけ
  食器を洗わない
  夜出かける、子の面倒は夫が見る
  子供の面倒をみない
  親との付き合いをしない
  携帯ばかり操作している

【外出する時のいいわけ】
- 全年齢 -
  仕事の飲み会
  仕事の行事
  友人と食事
  ギャンブルに出かける
  子供の習い事
  趣味(サークル)の会
- 若年齢 -
  育児に疲れたため外出
  友人と遊ぶ
  友人と飲み会
  実家に行く
  ショッピングに行く
- 中高年 -
  婦人会の集まり
  社交ダンス

夫が浮気する妻に対して望むもこと

夫が浮気した妻に望むことを多い順にあげてみると
・もとに戻りたい(夫婦修復)
・浮気相手の男性に慰謝料請求
・離婚
・別居
・妻に慰謝料請求
といったところでしょう。
夫のご依頼者さまは、ほとんどの方が離婚は望んでおられません。浮気を疑っておられても、調査した結果、妻が浮気していたことが現実となると意気消沈されます。(妻のご依頼者さまの場合とは全く正反対です)  

親権者を決める判断基準

法律では、まず夫婦の協議によって夫か妻かのどちらかに親権者を定めるよう求めています。iconしかし夫、妻の協議で定まらない場合、裁判によって親権者を決定します。
 では、親権者の判断基準はどのようなものでしょうか。
裁判所でもっとも重視しているものは、子供の利益です。
子供にとって親権者を夫、妻のどちらにすれば真の利益になるかを、総合的に判断することになります。
総合的とは、子の年齢、事情、夫・妻の経済状態、生活態度、性格、周辺環境などです。

浮気をした妻から親権を取るには

上記のように、夫、妻の話し合いで親権者が決まらない場合は、裁判所の判断になります。そこで、裁判所の判断基準である子供の利益、そして総合的判断材料に対して早期に対策を講じる必要があります。
夫としては、経済、妻の生活態度、妻の性格、妻の周辺環境を観察し記録に残し、立証できるようにします。
 詳しくは弊社総合調査サイト「親権を争う裁判の弁護士尋問」をご参照下さい。
以下で実際に携わりました弊社の事例をご紹介します

妻の浮気ご相談事例

食事の格好はあぐらをかき、時には立て膝。仕事から帰ると家の中は物が散乱し、夕食はコンビニ弁当。注意をしたら逆ギレされ、暴力をふるう始末。結婚以来3年間、この様な生活が続きました。
そして夜、出かける事も度々。出かける理由は、子育てに疲れたので息抜きのために、友人と居酒屋へ行くとのこと。そういう時は時折、朝帰りでした。
ある日、別居したいとの話が。それから夫は妻の行動を監視することにしました。特にメール(LINE) のチェックと朝帰りしたときの様子です。妻が風呂に入っている間、メール(LINE)をチェックすると。
男性と親密なメールをしていたのです。男「何もしなくて良いから隣にいてほしい」妻「**のために何でもしたいよ」男「今ギュってしたい」妻「してほしい」・・・
明らかに男女関係であることがわかる内容でした。
そこで夫は妻に問い質しました。しかし、ただの飲み友達との一点張りです。しかもメールを見た事に対し逆ギレされ、その日は子供をおいて出て行きました。翌日帰宅しましたが、妻との冷戦状態は続いています。
【夫の要望としては】
  1.浮気の証拠を撮りたい
  2.離婚は望んでいないが、話し合い次第では仕方ないと思っている
  3.離婚の場合、親権を取りたい
  4.浮気相手の男性に慰謝料を請求したい
よく、メールから浮気を証明できるか、というご質問をお受けしますが、メールだけでは弱いです。「ただの言葉遊び。会ってもいない」と言い訳されてしまいます。しかし、浮気を証明する決定的証拠写真があれば、メールも一つの有力な証拠になりので、保管しておきましょう。特に、「いつ頃から交際しているか」という証拠にもなります。

調査方針

ご依頼者さまが、お子様の親権獲得・浮気相手への慰謝料請求を要望されているので、妻がいかに子供を置き去りにして遊んでいるか、浮気を立証する決定的証拠の撮影を目標に探偵調査することとしました。
浮気の証拠とは、妻が男性との肉体関係が立証可能なものとするため、ホテル若しくは男性宅の2時間以上の出入りを複数回撮影する方針としました。

夫が親権と取るためのアドバイス

お子様の親権を取るため、妻の日頃の言動を記録。汚れた家の中の模様も撮影し、夫への暴言・暴力は録音することにしまた。また、妻の不在時は、夫のご両親のご協力を得て、お子様の面倒をみていただくことにしました。
夫側のご両親が子供の面倒を見られるという既成事実をつくるためです。

調査結果と夫のその後

浮気調査の結果、妻と男性の肉体関係を立証できる決定的証拠が撮れました。
icon その後、夫、妻のご両親を交え話し合いがもたれました。妻は、最初は浮気を認めませんでしたが、報告書写真の一部をスナップ写真化したものを見せると、難なく認めました。妻の気持ちは離婚を望み、やり直す気はないとの事でした。
その後、離婚へと話が進み、次は親権問題に。妻も親権を希望されため、親権問題は平行線となり、結局、調停の場で争うことになりました。
結果的に、長期にわたり浮気を繰り返し家事も行っていなかった事と、子供を養育するにあたり夫並びに夫の両親が既に見ていた事実と、ご両親と同居できる環境にあったため、親権は父親に決まりました。
これらのことは、調査結果報告書+夫の地道な努力と家事や育児を行わない妻の証拠、さらに夫のご両親の協力があった為、裁判所の判断は、夫に親権を決定したと思われます。

妻の浮気は要注意|夫のとるべき対策ページもご覧ください。

●お問合せはお気軽に
0120-295-007
E-mail info@ofleur.com

今すぐお問い合せ

> > このページの先頭に戻る

お問い合わせはこちら
地図画像

株式会社 オフィスフルール

【豊平区本社】
〒062-0004
札幌市豊平区美園4条8丁目2番4号
オフィス・フルールビル2階
TEL 0120-295-007
(代) 011-299-8884
E-mail: info@ofleur.com


【札幌駅北口相談室】
〒060-0807
札幌市北区北7条西2丁目
37山京ビル4F 417号室
TEL 0120-295-007
(代) 011-707-2500

北海道公安委員会探偵業届出証明書番号
No.10070007 No.10120029
■ 探偵業務範囲
[北海道] 札幌市・旭川市・帯広市・釧路市・函館市・北見市・網走市・北海道内全域
[札幌市近郊] 北広島市・千歳市・恵庭市・小樽市・石狩市・江別市・岩見沢市・余市町・倶知安町
[海外] タイ(バンコク・パタヤ・アユタヤー・チェンマイ・スコータイ・プーケット)
[その他] 関東・東海・中部・関西・近畿・中国・四国・九州・沖縄・東北・東南アジア