夫の浮気 妻による離婚対策

嘘ばかりつく夫、もう許せない。家庭を守っている妻に身勝手な夫。でも心配しないで!私たちは解決に自信があります。

夫の身勝手な考え

夫が浮気する時の妻への言い訳として、仕事や趣味、男の付き合い、を理由にすることが殆どです。
・「職場の飲み会がある」
・「男同士の付き合いだから」
・「趣味に口出ししないで欲しい」
という、妻に対してもっともらしい理由で時間を作ります。
妻は家事を行い、育児をし、夫の帰りを待つ毎日。
せっかく夕飯を作っても、仕事を理由に急遽夕食はいらないと。
中には何も連絡なしに深夜帰宅という事もあります。ましてや休日は「仕事で疲れた」を理由に育児や家事を手伝ってもらえません。
本当に仕事ならいいですが、女性と過ごしていたら許せませんね。
過去、弊社で浮気調査を行った対象者(夫)の殆どがこの様な身勝手な考えの人でした。
妻を甘く見て、うまくたち振る舞えば浮気はバレないと思っています。
・「浮気が発覚しても、なんとか事なきを得るだろう。」
・「探偵まで頼んで調べたりしない」
・「逆ギレすれば大丈夫」
と思っています。

夫の嘘にはもう我慢しないで!

 夫の嘘が明らかになるころには、夫婦間で会話も減り、関係も悪くなります。
仕事を理由にしているため、あまり問い詰めることもできず、浮気相手との仲は進む一方です。
ご依頼者は我慢を重ね、夫の嘘に耐えかねて弊社にお越しになります。
どうか、夫と浮気相手の仲が深くならない内に対処されることをお勧めします。

夫(男)が浮気する理由

 下記のような調査結果があります。
1.妻以外の女性とセックスを楽しみたい38%
2.自分の世界を広げたい30%
3.日常生活にメリハリが欲しい27%
4.いつも誰かと恋したい24%
5.スリルを味わいたい22%
6.夫婦生活に不満がある18%
7.妻しか女性を知らないのは嫌12%
8.男は複数の女性とつきあって当然7%  (複数回答オ−エムエムシー)
 夫が浮気する理由の1位がセックスという結果ですが、その事から言えることは、最初は遊び感覚で女性と関係を持ち、その関係が続くことによって情も浮気相手に移り、浮気が本気になって行きます。
 弊社でも妻の妊娠中に浮気調査というご依頼もあり、調査をすると浮気をしていた例が多々あります。 妻にとっては生命を授かる大変な時期に浮気をする夫は許す事ができません。

浮気調査で多い夫の行動

・調査時間帯
  仕事が終わる時間から
・浮気相手と知り合ったきっかけ
  同じ職場 出会い系サイト
・交通手段
  車 飲酒を理由にした時は徒歩
・浮気の時間を作るための妻への言い訳
  仕事を理由にする ・車の掃除
  浮気する前に車の掃除を行う。(比較的、浮気初期の段階)
・金銭
  意外に目立つほどの出費は見られない
・夫の家庭での浮気初期段階の行動
  妻に対して普段と変わらないが、妻が疑い始めると関係がギクシャクする。
・妻とのセックス回数
  2タイプあり、回数が無くなる夫と、変わらない夫がいる。
・車の運転
  たとえ浮気相手(女性)の車で行動しても、運転は夫(男性)がする事が多い。
・携帯電話
  妻へのメールに絵文字を使ったことは無いが、浮気相手へのメールは絵文字を使う。
・ゴミ捨て
  家でゴミを捨をしないが、浮気相手の家では夫がゴミ捨てをする。
・買い物
  妻の買い物袋を持たないが、浮気相手の買い物袋を持つ。

妻が今から準備すべき事

 妻が浮気する夫に対して望むものとして、
・夫婦修復(浮気相手と別れて欲しい)
・浮気相手に慰謝料請求
・子供が大きくなるまで我慢する
・離婚
 という順番です。
 浮気発覚が初期の段階では圧倒的に夫婦修復を望む方が多いです。
 理由としては、愛情があるや子供の関係、経済力です。
しかし、浮気が長期間続き、浮気を何度も繰り返す夫に対しては、愛情は薄れてきます。そのような状況でも離婚しない一番多い理由は、経済力です。
 そうですよね!夫と違い、例え妻も仕事をしていても家事を行う主はほとんど妻です。その為、経済力では妻が不利になります。
そこで調査後、どの道に進もうとも将来のご自分とお子様の為に、今から金銭的な準備をする必要があります。

詳しくは弊社総合調査サイト「離婚後の生活と行政支援」をご覧下さい


●お問合せはお気軽に
0120-295-007
E-mail info@ofleur.com

                                             今すぐお問い合せページへ

> > このページの先頭に戻る

お問い合わせはこちら
地図画像

株式会社 オフィスフルール

【豊平区本社】
〒062-0004
札幌市豊平区美園4条8丁目2番4号
オフィス・フルールビル2階
TEL 0120-295-007
(代) 011-299-8884
E-mail: info@ofleur.com


【札幌駅北口相談室】
〒060-0807
札幌市北区北7条西2丁目
37山京ビル4F 417号室
TEL 0120-295-007
(代) 011-707-2500

北海道公安委員会探偵業届出証明書番号
No.10070007 No.10120029
■ 探偵業務範囲
[北海道] 札幌市・旭川市・帯広市・釧路市・函館市・北見市・網走市・北海道内全域
[札幌市近郊] 北広島市・千歳市・恵庭市・小樽市・石狩市・江別市・岩見沢市・余市町・倶知安町
[海外] タイ(バンコク・パタヤ・アユタヤー・チェンマイ・スコータイ・プーケット)
[その他] 関東・東海・中部・関西・近畿・中国・四国・九州・沖縄・東北・東南アジア