医者の浮気の特徴と対策

職業別の浮気パターン

医者(医師・ドクター)は花形の職業

医者や弁護士はさまざまな職業の中で、最高峰の職業というイメージがありますね。
特に医者は、高学歴、頭脳明晰、高収入、社会的に最もステータスの高い職業です。病院で働く医療関係者だけでも、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、医療クラーク、管理栄養士、事務員等、多くの職種で構成され、その中でも医者はピラミットの頂点に位置しています。 そのため、病院スタッフのみならず患者からも注目され、同性異性問わず脚光を浴びる立場にあります。
このように、医者がその気になれば、簡単に異性と親しくなることができるため、他の職業と比べて浮気率(不倫率)は、ダントツで高いと言えます。

医者は仕事を理由にすれば、簡単に浮気できる

医者が浮気するには必ず家を空けることになるので、家族には何らかの嘘をつきます。その嘘のほとんどが「仕事」です。
医者の場合は一般的な職業と違い、嘘をつくには好都合です。なぜなら、医者は夜勤や緊急手術、当直、学会、研究、など、アリバイ作りには事欠きません。そのため、計画的、定期的、頻繁に浮気することができます。

病院内

そして、浮気する時間帯は、勤務医、開業医、専門科やキャリアによて大きな違いがありますが、基本的に平日なら夜から深夜・翌朝にかけて、休日なら朝から一日中といった状況です。時には外来がない日の午後から浮気することもあります。若い医者であれば、当番医として夜勤が定期的にあり、地方の病院へ行くこともあります。スポーツ大会があれば、そこまで赴くこともあります。ごくまれに定時に終わる医者もいますが、殆どの医者が激務です。複数の病院を掛け持ちして、ある病院では同年配の看護師と、別の病院では事務スタッフと不倫関係をもつ医者もいました。

このように医者が浮気する場合は、多忙でしかも外泊することも珍しくないため、仕事を理由に家を空けてもおかしくありません。結婚当初からこのような生活をしていればなおさら妻は浮気しているかどうかわかりません。そのため、結婚後数十年経過してやっと「おかしい?」と気付くこともあります。

医者の浮気相手は看護師が多い

医者の浮気相手は圧倒的に看護師が多いです。なぜなら医者と看護師は勤務時間中、常に同じ場所にいることが多く、しかも当直であれば夜通し過ごすため、おのずと親しくなってしまいます。当直時に仮眠室(別建物)で浮気相手と会う場合もあります。
浮気相手の年齢層は自分と同年配が多く、ベテラン医者の場合は看護師長や仕事上そばにいる立場の異性と浮気しています。その他、看護師のみならず医療クラーク、薬剤師や出入りしている製薬会社の営業担当と不倫に陥ることもあります。
一方、お酒が好きで夜出歩くことが多い医者の場合は、高級クラブやラウンジ勤務の若い女性と不倫関係になることがあります。そして、ホステスとは同伴するよりも、アフターで食事(寿司店や焼肉店など)に行くケースが多いです。
また、美容系の医者(美容外科、美容皮膚科、美容内科)が患者と不倫をしていた例もありました。
以上のように、医者がその気になれば、病院組織の最高峰でモテる存在で、しかも異性が多い職場なため、比較的簡単に浮気相手をつくることが可能です。

医者の浮気行動の特徴

同棲

医者は金銭的に余裕があるので、その分、浮気行動も派手になりがちです。中には浮気相手のマンションの家賃を自分で払い、そこに頻繁に出入りする人もいます。さらに不倫関係が深くなると、分譲マンションを不倫相手の名義で購入し、そこに半同棲生活をするケースもあります。名義を自分(医者)にすると、自宅に不動産関係書類(固定資産税納税通知書など)が届くとバレてしまいます。

一方、デートは二人のプライバシーが守れるような個室のある飲食店、ホテルならラブホテルでなく旅行客が利用する高級ホテルを利用します。一方、昼間にホテルを利用する場合は、一般的なホテルのデイユース(日帰り)を利用します。札幌のデイユースがあるホテルは「リッチモンドホテル札幌駅前」「ドーミーイン札幌ANNEX」「ニューオータニイン札幌」「ラッソ ライフステージホテル」「アパホテル / 札幌・札幌すすきの・札幌すすきの駅西・札幌大通公園・札幌すすきの駅南」「ホテルリブマックス札幌」他です。
医者が浮気相手と移動するための交通手段はタクシーが多く、自家用車は比率的に少ないです。
また、学会を兼ねて浮気相手と旅行に行くこともあります。学会には顔を出すだけで、浮気相手と観光する人もいます。

医者自身は離婚を考えてないが、浮気相手が離婚を迫る

医者は他職種の浮気対象者と違い、離婚は視野にない人の方が多いです。 そのため、浮気をしても家庭を捨てるまでのことは考えておらず、ある種、遊びや性の目的で交際しています。
しかし、安心はできません。
本人(医者)が離婚を考えてなくても、浮気相手が自分のものにしたいと切望しているため、不倫関係が続くと家庭崩壊の危機となります。

不倫

また、医者は周りからチヤホヤされるため、浮気相手を次から次に変え、何年たっても浮気の悩みが続きます。
「数年前に浮気したけど、また浮気している」
といったことはよくある話です。

つまり、浮気を見過ごして何もしないでいると、反省することなく浮気を繰り返し、あなたはいつまでたっても悩みが絶えない人生となってしまいます。そんなことは絶対に避けたいですね!

浮気かどうかをチェックしましょう

行動

普段何も言えず「まさか自分が・・・」と感じておられるあなた。もんもんと日々を過ごすより、行動に移してはいかがでしょうか。まずは、夫・妻が言っていることが本当かどうか、確かめることが必要です。

夫・妻が不在時に家に残したもの(ポケットの中など)をチェックするのもいいですし、入浴中にカバンや財布の中を確認するのもいいでしょう。カバンや財布は浮気の痕跡の宝庫です。 レシートからは店名、日時、人数(飲食の場合)、商品名が分かります。レシートの日付を見て、「緊急手術で遅くなる」「当直で病院に泊まる」といっておられたにもかかわらず、2名の飲食店のレシートなら浮気の可能性があります。また、財布の金銭を日々確認し、前日と比べていくら減っているか記録分析することも参考になります。

車で通われている方なら、日々の走行距離を確認すれば、「当直」のはずが長距離を走行されていれば、怪しいと言えます。(院内勤務の方)
そんなことして罪悪感を感じるという方がおられますが、浮気の疑いがある以上浮気チェックすることは必要なことです。今のような悩みが続くとなると、精神的にマイナスであり、お子様にも悪い影響を及ぼします。医者の場合は浮気相手が金銭目当て(財産目当て)に交際をしていることもあり、情が入ってしまったら手遅れになることもあります。とにかく早めの対処が必要です。

「浮気でなくて思い過ごしだった」ということになれば、それはそれでいいですし!
「あなたにも出来る夫・妻の浮気チェック」ページをご覧ください。

浮気の疑いがあれば早めに調査すべき

医者の勤務体系から、夜勤、当直、学会、研究、等の理由で家を空けることになっても、確かめる手立てはありません。夫・妻を信じ切っていたたため、不倫が進行し手遅れになることもあります。

「なんとなくおかしい」「当直が増えた」「家にいる時間が少なくなった」
この様な心配がある方は、早めに浮気調査して白黒はっきりとさせるべきです。 調査した結果、「思い過ごしだった」ということになれば、気持ちが晴れて楽になります。 一方「浮気していた」場合は、浮気の証拠を確保しているので、

1.浮気を止めさせるよう働きかけることも
2.浮気相手に慰謝料請求することも

可能になります。浮気の証拠があなたのお守りになります。 特に中年の医者と不倫関係にある浮気相手は、財産を狙っているしたたかな女性もいるので、一刻も早く浮気調査することが賢明です。

あなたとお子様を守るためにすべきこと

1. 財産を把握する

プラスの財産とマイナスの財産
取引金融機関(会社名・支店名、できれば口座番号と通帳コピー)
分からない場合は、郵便物を写真に撮る

2. 家族写真を撮影

夫・妻とあなたの2ショット
夫・妻とお子様との写真
家族でレジャーや食事に行った時の写真

3. 家事をした後の写真

料理、掃除、洗濯した写真

4. 日記

メモ程度でもOK

5. 離婚話には応じない

万が一「離婚してくれ」と要求され、あなたに離婚の意思がなくても「養育費はいくら?」と聞いた場合はあらぬ方向へ進むことがあるので、絶対にやめましょう。その他、離婚要求された時に絶対にやってはいけないこと、すべきことがありますので、アドバイスいたします。

以上、もっと詳しく知りたい方はお問い合せください。

お電話メールは年中無休 電話受付時間:6:00~24:00 メール24時間受付
0120-295-007 , info@ofleur.com

| 医者の浮気の特徴と対策の関連ページ