バレンタインデーの浮気調査

浮気調査時の情報

・ご依頼者 妻29歳
・対象者  夫33歳
・結婚生活 3年8ヶ月
・子供   1人(娘)
・職業   会社員

浮気調査依頼に至る経緯

酒が飲めない夫は忘新年会、歓送迎会くらいしか行かなかったが、半年前から月に1度「得意先との仕事を兼ねた接待」という理由で深夜2時〜3時に帰宅するようになった。それまでは午後11時までには帰宅していた。
またスマートホンの機種変更を薦めても「使いづらい」という事を理由に断っていた夫が、半年前にスマートホンを持ち、家ではほとんど手放さない状態になりました。
そして、バレンタインデーが近づいてきたので「今年はどこに行く?」と切り出すと、「今年は仕事で遅くなるから行けない」と言い出した(結婚してから毎年バレンタインデーは夫婦で食事に出掛けていた)。
その為数々の疑惑から、バレンタインデー当日、夫の行動を探偵調査することになった。

浮気調査目的

バレンタインデー当日の夫の行動
浮気相手がいた場合その証拠と相手の居住先

浮気調査人員

探偵調査員4名(男性3名、女性1名)
車両2台

浮気調査日

バレンタインデーの2月14日のみ

浮気調査結果 | バレンタインデー当日

16:45
探偵調査員4名の乗車する車両2台が、対象者の勤務先である建物周辺に到着する。
勤務先建物には出入口が2ヶ所ある為、車両2台がそれぞれの出入口に分かれ、張り込みを開始する。
夫は通勤に車を利用せず公共交通機関を利用している為、徒歩尾行要員2名がそれぞれの車両2台に分乗し待機する。
17:07
夫が勤務先ビル出入口から外に現れる。探偵調査員2名が徒歩で尾行。
17:15
夫が歩きながらスマートフォンを操作し、スーパーの駐車場に進入する。
そこで、駐車場の隅に停車していた1台の車両後部座席に乗車する。
運転席に乗車している人物は若い女性で、後部座席に乗車した夫の方に振り返り笑顔で会話していた。


浮気の証拠撮影内容
1. 夫が会社から出て来るところ
2. 歩きながらスマートフォンを操作している様子
3. 浮気相手の車両後部座席に乗る瞬間
4. 夫が浮気相手と会話している様子


17:29
夫及び浮気相手の女性が乗車した車両が発進し、市道を走行する。
17:42
夫及び浮気相手の女性の乗車した車両が、イタリア料理の店の駐車場に進入した後、車両から降車し同店舗に入店する。
2人は入店する際、満面の笑みで見つめ合い手を繋いでいた。
17:50
夫及び浮気相手の女性がイタリア料理の店にて食事を行う。偶然2人は窓側の席に着いた為、浮気調査員は食事するところを外から撮影することができた。2人はパスタを注文し、お互いの料理を仲良く食べ合っていた。
18:38
夫及び浮気相手の女性が席を立ち、イタリア料理の店から外に現れ、車両に乗車する。
店から現れた際、夫が財布を持っており、女性が夫に礼を告げていた様子のため夫が支払いを行ったと思われる。
18:45
夫及び浮気相手の女性の乗車した車両が、コンビニエンスストアの駐車場に進入する。
その後、2人は降車し、同店舗に入店する。
2人はペットボトルのお茶2本と、ビールを3本購入する。
18:50
夫及び浮気相手の女性が車両に乗車し車両が発進する。
19:02
夫及び浮気相手の女性の乗車した車両がホテルの駐車場に進入する。そして車両から降車し、ホテルに進入する。
その際、2人は手を繋ぎ笑顔であった。


証拠撮影内容
1. 夫と浮気相手が手を繋ぎ、笑顔で見つめ会う様子
2. 夫と浮気相手がイタリア料理店に入店する瞬間
3. 夫と浮気相手が仲良く食事している様子
4. 夫が財布を持っているところ
5. 女性が夫に礼を告げているところ
6. 夫と浮気相手コンビニエンスストアで商品を購入する様子
7. 夫が浮気相手の車両に乗車する瞬間
8. 同車両がホテルの駐車場に進入する瞬間
9. 夫が浮気相手が降車する瞬間
10. 夫が浮気相手がホテルの駐車場内を歩く様子
11. 夫が浮気相手がホテルの出入口から建物に入る瞬間
これで夫と浮気相手がホテルに進入する場面が撮影できたため、残るは同人らが同ホテルから外に現れる瞬間の撮影ができれば不貞行為を立証することができます。


19:03
浮気調査員は同ホテル周辺の2カ所に分散し、待機を開始しました。
23:36
夫及び浮気相手がホテル出入口から駐車場に現れ、車両に乗車する。
その後、車両が発進し、市道を走行する。
23:48
夫と浮気相手の乗車した車両が、とある地下鉄駅近くの市道上に停止する。そして、夫が降車し、地下鉄構内に進入する。
別れる際、お互い笑顔で手を振っていた。
23:50
浮気相手の乗車した車両が発進し、市道を走行する。
00:03
浮気相手の乗車した車両が一軒家の敷地内に進入し停止する。
その後、車両から降車し、一軒家に進入する。
その一軒家の表札には「○○」と表記されていた。
以上、調査は全て終了となりました。


証拠撮影内容
1. 夫と浮気相手がホテルの出入口から現れる瞬間
2. 夫と浮気相手が車両に乗車する瞬間
3. 夫と浮気相手が車両から降りる瞬間
4. 夫と浮気相手が互いに笑顔で手を振っている様子
5. 夫と浮気相手の車両が一軒家の敷地に進入するところ
6. 夫と浮気相手が一軒家に進入する瞬間
7. 浮気相手の一軒家表札「○○」
これで夫と浮気相手が不貞行為を行ったという決定的証拠が撮影できました。

夫の嘘を証明することができました(ご依頼者さまのコメント)

夫が浮気していたことはショックですが、夫の嘘を証明することができました。
月1回程度しか浮気相手と会っていないということで、夫もそこまで本気ではないと思います。子供もまだ小さいので離婚は考えていません。
夫とはきっちりと話し合って、浮気相手とは別れてもらいます。

浮気調査総括

浮気調査期間 1日
浮気調査内容 夫の退勤後の行動を調査する
浮気調査報告書  文章12ページ 写真188枚
浮気調査料金 168,000円 

> > このページの先頭に戻る

お問い合わせはこちら
地図画像

株式会社 オフィスフルール

【豊平区本社】
〒062-0004
札幌市豊平区美園4条8丁目2番4号
オフィス・フルールビル2階
TEL 0120-295-007
(代) 011-299-8884
E-mail: info@ofleur.com


【札幌駅北口相談室】
〒060-0807
札幌市北区北7条西2丁目
37山京ビル4F 417号室
TEL 0120-295-007
(代) 011-707-2500

北海道公安委員会探偵業届出証明書番号
No.10070007 No.10120029
■ 探偵業務範囲
[北海道] 札幌市・旭川市・帯広市・釧路市・函館市・北見市・網走市・北海道内全域
[札幌市近郊] 北広島市・千歳市・恵庭市・小樽市・石狩市・江別市・岩見沢市・余市町・倶知安町
[海外] タイ(バンコク・パタヤ・アユタヤー・チェンマイ・スコータイ・プーケット)
[その他] 関東・東海・中部・関西・近畿・中国・四国・九州・沖縄・東北・東南アジア